青海波小紋

前回ご案内いたしました、家族でお正月を迎える際のお母様のお着物コーディネートのご提案です。

一方付け青海波の小紋です。縁起の良い吉祥文様の一つですが、さらに一方付けになっています。

青海波文様は「無限に広がる穏やかな波に未来永劫と、平和な暮らしへの願い」が込められているそうで、お正月にぴったりのセレクトといえるでしょう。

一方付け小紋とは、前から見ても後から見ても柄が上を向いている小紋のこと。

着物は肩山と袖山がつながっているので、上下がある柄は前が上向きだと後は下向きになります。

そこで肩山、袖山で柄の向きが上向きになるように柄付けをします。

そういう小紋を一方付け小紋または付下げ小紋といいます。

帯は、黒地に福と寿が織り出されており、目出度さもひとしおです。

ラズベリーの帯揚げに白い帯締めで落ち着いた華やかさを出しています。

価格   

  • 着物  ¥12,000   
  • 帯   ¥9,000 
  • 帯揚げ ¥3,000
  • 帯締め ¥5,800(新品)

サイズ表

着物    素材:正絹

身丈(背)148㎝
62.5㎝
袖丈49㎝
前幅23㎝
後幅29㎝

※身丈は背からの採寸です。体型にもよりますが、身長155㎝位までの方ならお召しになれます。

名古屋帯  素材:正絹

長さ368㎝
30㎝

※目立った汚れはありませんが、リサイクル、アンティーク商品であることをご理解ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)