帯締め(本結び)の結び方

帯締めの本結びの色々な結び方をご紹介します。

上記三つの結び方は見た目は似ていますが、いずれも違います。

上から

①普通の本結び 房が下向きになります。

②寿結び    房が上向きになります。

③一文字結び  房が内側に入ります。帯締めが短い場合などに使います。

これならお解りになるでしょうか?

それでは一つずつ結び方をご紹介します。

①普通の本結び

1−1 左側(自分から見て)を上に重ね交差します。
1−2 上に重ねた帯締めを下から上に通し、しっかりと引き締めます。
1−3 右側の帯締めで輪を作って押さえます。
1−4 下側に流れている帯締めを上に折り上げて、右側の輪の中に上から下にくぐらせます。
1−5 帯締めを引きしっかりと締めます。房は下向きになります。

②寿結び

2−1 帯締めの結ぶ部分だけを裏側にして右側(自分から見て)を上に重ね交差させます。
2−1 下に重ねた帯締めをう上から下に通し、しっかりと引き締めます。この時裏返っていたおお帯締めは元に戻ります。
2−3 上に流れていた帯締めを輪にします。
2−4 下側に流れていた帯締めを右側の輪に通します。
2−5 帯締めを引き、しっかりと締めます。房は上向きになります。

③一文字結び

3−1 ②と同じように結ぶ部分を裏側に返して右側(自分から見て)を上に重ね交差させます。
3−2 上に重ねた帯締めを下から上に通し、しっかりと引き締めます。
3−3  左側の帯締めで輪を作って押さえます。
3−4 下側に流れている帯締めを上に折り上げて、左側の輪の中に上から下にくぐらせます。
3−5 帯締めを引きしっかりと締めます。①と上下左右逆向きの結び方になります。
3−6 表側に返して、房が見えないように内側に入れます。

※②と③は平織の帯締めの時に限ります。

当店では結婚式などのおめでたい席の着付け時には、寿結びをさせて頂いております。

着付け、出張着付けについて詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)